消費者金融のカードローンのデメリットについて

利率が割高なことが多い

近年、銀行のカードローンでは即日融資を受けられなくなったので、申し込んだ日に借りられる消費者金融のカードローンはそれだけで選ぶメリットがあるといえます。ただ、デメリットもいくつか存在します。
まず挙げられるのは利率がやや高いという点です。契約直後は法定利率のほぼ上限に設定されることが珍しくなく、それよりも数パーセント低い利率で契約できる銀行のカードローンと比べると不利といえるでしょう。ただ、銀行と比べると借入日から一ヶ月までは無利息といったキャンペーンが豊富であり、使い方によっては銀行から借りるよりも得することもあります。
取り立てのタイミングが早いのも消費者金融の特徴です。返済期日までに返せなかった場合、その翌日にはもう職場などに電話がかかってくることが多いので、うっかりできません。

ATMからの返済がデフォルトになっている

わずかな例外を除き、クレジットカード機能がついているカードを持てないというのもデメリットでしょう。カードローンとは別にクレジットカードと契約するのであれば、財布の中に入れるカードが確実に二枚以上になってしまうからです。財布にあまりカードを入れたくないという人はキャッシング機能つきのクレジットカードを使った方がいいでしょう。
消費者金融のカードローンはATMからの返済がデフォルトになっていることが多く、返済方法として銀行口座からの引き落としを希望するのであれば契約時に伝えなければならないというのも面倒な点です。ATMからの返済だと返済期日がいつだったのかを忘れてしまい、返済を遅らせてしまったというトラブルが起こりやすいので注意しましょう。