銀行のカードローンのメリットについて

銀行カードローンを選ぶべき理由とは

カードローンを利用するなら、できれば銀行から借りたいと考えている人は多いでしょう。銀行は昔から利息制限法の範囲内で融資をしており、消費者金融と違ってグレーゾーン金利は設定していませんでした。こうした側面を見ても銀行ローンの信頼性の高さがわかります。現在の消費者金融はグレーゾーン金利を廃止しましたが、それでも銀行カードローンを利用するメリットは大きいです。消費者金融よりも低金利で融資している、即日融資で借りられる可能性が以前より高くなった、などの特徴があります。消費者金融と比べると融資までやや時間がかかるのが普通ですが、メガバンクの多くは即日融資に対応するようになりました。金利はノンバンク系の業者より3%以上低く設定していることが多いので、利息を抑える上でも銀行カードローンは役立ちます。

即日で高額の借入ができる可能性あり

即日で総量規制の限度額を超える金額を借りたいという状況はありえます。消費者金融は総量規制により、年収の3分の1以内で融資するように法律で定められています。年収300万円の人が100万円を借りることは可能ですが、120万円の借入はできないわけです。総量規制は他社の借入も合算して計算しますので、他社借入が多い状況だと審査に落ちてしまうことが多いです。銀行カードローンの場合は総量規制の対象外となるため、即日で高額融資を受けたい人に適しています。年収300万円で即日に120万円の借入をしたいという状況では消費者金融は対応できないので、銀行に申込するのがおすすめです。ただし銀行カードローンの場合も消費者金融と同様に、希望額を少なくするほど審査で有利になる点は違いありません。